窓辺の喫茶

空想喫茶店でおもいついたまま好きなことをぼやきます。

築地本願寺×謎解き脱出ゲーム

窓辺の喫茶店主ミワコです。

 

数日おサボりしてました。急激に寒くなって体がついていかないのかしら?

 

豊洲へ場内市場移転後すぐの10月13日に築地本願寺で開催された謎解き脱出ゲーム『狙われた築地本願寺の謎を解け!』に参加してきた(゚∀゚ )

 

脱出ゲームって最近流行りなんですな。他の脱出ゲームに参加経験のある参加者多数でビックリしやした。

 

クイズをひとつづつ解いてポイントを通過して最終的な謎に迫り、成功したらクリアというゲームが、バーチャルではなく現実に設けられた場で行われるイベントと言ったら良いでしょうか。

 

ひとりで参加するのも良いけれど、友達と謎を解きながら進んでいくのも楽しい。

 

それぞれの得意分野で解けるように、色んなパターンのクイズが仕掛けられているだな。

 

だからこそ、友達やカップルのコミュニケーションツールとして人気が高まっているのも納得。

 

築地本願寺の和と洋そしてガンダーラ様式の混在した建物のなかにパイプオルガンの音色が響くという、異世界の入り口のような空間で事件が起きるという設定はワクワクするではないか。

 

結果、どうだったのか?

 

残念ながら脱出失敗(笑)

初心者にはなかなかに難しいクイズだったので、また出直したい気分~。

 

何より興味深かったのは、大寺院が若者中心で新しい取り組みをしていること。

全く仏教に関心がなくとも『謎解き坊主』の導きで寺院のなかでイベントに参加することで、少し身近に感じることができる。

 

写経や座禅、法話なども最近は女性を中心に関心を集めている。

けれど、抵抗感がある人は多いわけで全く違うアプローチも間口を拡げて良いんでないかいと思った。

 

お寺に遊びに行こう!

 

そんな合言葉があっても面白いよね。

 

ま、我々女子二人組はその後、日本酒と新鮮なお魚で仏教談義で盛り上がったのは言うまでもない。